相続 不動産

近年では両親と一緒に住まない核家族が増えつつある為、両親が亡くなった際に家や土地を売却するケースがよく見受けられるようです。

相続して得た家や土地などの不動産を売却する際、売却の手続きや必要な費用が一般的な流れと異なる場合があります。ちょっとした知識で売却で得をするのか損をしてしまうのかが別れます。相続した物件の売却方法や手続き、相続税に関してなどもしっかり理解しておきましょう。

不動産相続の注意点とは?

被相続人の名義のままだとその不動産を相続したと主張できないため、相続登記を行わなければなりません。相続登記とはもともとの所有者の名義を相続人、つまり自分名義に変更すること。法務局に行き相続人が行うことができます。相続登記自体に期限はありませんが、相続登記なしに不動産売買はできません。また放置していると相続人が死亡して第2の相続が開始したり、相続人が増えたりして権利関係が複雑になる可能性もあります。トラブルにならないためにも相続登記はなるべくお早目に!

効率良く売却するには?

上記で紹介したように、相続する土地や建物を売却するには諸々の手続きや登記、権利関係の整理が必要となり個人1人で売却までの手続きを進めるのは大きな負担なのではないでしょうか?
そこで有効活用したいのが、一括見積りです。

最も高く売れる不動産会社を比較できるのはもちろん、家を売る際の様々なケースにも対応しているので、最も高く売れそうな不動産会社が見つかったら、そこへ自分の状況や要望をぶつけてみてはいかがでしょうか?

「イエウール」公式サイトはコチラ




相続税 不動産 売る 声

不動産を相続する場合、「絶対に相続税を払わなければいけない!」と思い込んではいませんか?実は実際に相続税を支払っている人は5パーセント程度で、残りの95パーセントは支払いが不要なケースのようです。
また、相続した土地や建物を売却し譲渡所得や譲渡益が出た場合は相続税の他に「譲渡所得税」の支払いが必要になる場合があります。

金額などは不動産の状況や保有期間によっても変動してしまいます。
ややこしい専門用語も出てきますので、こういった税金関係の相談も一度不動産会社へ相談してみてはいかがでしょうか。


【PR】
注文住宅・家を購入の方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です