マンション売却注意点

マンションの売却で1番大切な事は不動産会社によって査定の基準が異なる場合があります。

マンション売却査定

そのためいくつかの不動産会社の査定を依頼する事で、売却価格の相場を知れる大きなメリットがあります。いくつかの査定価格をみて、その中から査定条件の良い不動産会社を選ぶにも不動産の売却から引渡しまで安心出来る業者を選択してましょう。
複数の不動産会社の査定を依頼するのは、マンションの売却で重要なこととなります。
それから、不動産会社にはどのような評価をして査定したのか方法や根拠を尋ねます、それらの説明がしっかり出来る不動産会社を選ぶのが妥当と思われます。マンションの売却を検討される方の悩みは様々あるでしょうから、まずは相場を調べることをおすすめします。

マンション売却査定「イエウール」で相場がわかる




新しい家やマンションの住み替え計画

住宅ローンの返済が困難な場合

転勤や転職により引越しと新居が必要

査定に必要な書類と項目をチェックしましょう

・マンション購入時の図面と間取り
・マンションの契約書と重要事項説明の書類
・固定資産税の納付書
・間取り
・築年数

マンション売却に抑えておきたい項目

・最低でも2~3社の査定の見積もりを集める
・仲介手数料の交渉
・売却の決断する時の価格と不動産担当者と時期
・マンションの売却で良いアピールポイントをメモする

住宅ローンの返済が苦しくなった場合の方法

任意売却の方法があります住宅ローンを貸している債権者(銀行又は金融機関)
に、相談に乗ってもらいます。
債権者の同意を得て住宅ローンの返済が残っているマンションをを売却する方法があります。
《ローンの残債で売却価格が低いマンションを売却する時の方法》
売却方法
・一般売却
売却代金を住宅ローンの返済する 不足した差額分は現金で支払う方法

・任意売却
銀行や金融機関の同意を得て、住宅ローン残債のまま相場の価格で売却する方法
不足の差額分は、無理のない分割を相談して払う方法
売却後に残ったローンの支払いがどうなるのかは先に弁護士などに事前商談をしたほうが良い場合があります

・競売
ローンの支払いを滞納し続けると、金融機関から裁判所を通して強制的に売却されます
競売の場合は相場よりも安く落札される場合が多く。不足分が多くなる場合もあります。

競売はかなり低価格で落札され金融機関もなるべく競売は避けたい傾向があります。
競売で低価格で売却されるよりも、任意売却で少しでも高くで売却して住宅ローンの残債を回収したということです。
住宅ローンを貸している債権者にも任意売却の方が有利になる場合がある解決方法となります。
住宅ローンはきちんと返済したいが、返済計画が難しくなった方の救済手段と言うことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です