家売却 ローン残債

家の売却時にローン残債ある場合

家を売却時のローン残債について様々なケースがあります。

住宅ローンが残っている家は売れるのか?
住宅ローンの残債(ローン中)家は売れるかは、現在のローン残債が返済できるかがポイントです。

家やマンションを売りたいと思っている人は、ローン中が残っている人が多くおられるとか。
住宅ローンが残ってる場合、家の売却できるケースできないケースがあります。
家を売却したとしても残ったローンは返済していく必要があります。

現在お住まいの住宅ローンの支払い終わってなく、新たな家を購入する場合、新しいローンが発生します。
2つのローンを返していくのは苦しくなる方がほとんどではないでしょうか?
ですから、まずは家を売却して得たお金を住宅ローンの残債に充当し、それから残りのローンを返していくのが妥当かと思われます。

家の売却で得たお金は他に利用せず、住宅ローンの残債に充てるのが妥当です。
ローンは利息がありますから、少しでも早く返済して総額を安くする事が良いでしょう。
それから、家の売却後は、売却前に比べて少しでも月々の支払い負担が少なくなるように返済するのがコツです。新しい家が賃貸の場合でも同様と言えるでしょう。

査定で相場を知る

まだ売却するか、どうか決めていない場合は、実際に現在のお家がいくらで売れるのか、相場を知っておく事が好ましいいです。ですから、まずは家の売却の査定を行った方が良いです。

現在の不動産屋さんより、高値で売却してくれるところがないかを探すコツは、売却実績のある(売却に力を入れている会社)に査定の依頼をする事です。
安心できる不動産会社が複数加盟している一括見積もりを利用する方法が良いと聞くことがあります。
1~2社の不動産で決めるのではなく、一括見積もりで複数の査定を見て比較するのが良いと思います。

これらは大きな金額の売却になりますから、様々な方法から適切なものを選んでおくことをお勧めします。

下記、家売却高く売るコツのコメントをお聞かせ下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です