家を買い換える際の注意点

バブル期は不動産の価格が右肩上がりでしたので、どんどん良い家に買い換える事が可能でした。

しかし今は、ほとんどの家が購入した時よりも値段が下がっているので、買い換えにも注意が必要です。

家を買い換える際には、新しい家の購入費用、売却する家のローンの残債、購入後の家計など、きちんと資金計画を立てなければいけません。

特に家を売却する時には、ミスが無いように慎重になる必要があります。

ここでは家を買い換える際の注意点について解説いたしますので、参考にしてみてください。

オウチーノでいくらで売却できるのか?

家を買い換える時は、少なからず売却する家の費用を充てるという方が多いと思います。

今はインターネットの一括見積もりサイトなどで簡単に査定額が出ますが、それを鵜呑みにせず、実際に不動産会社の方に訪問査定してもらい、正確な査定額を出してもらいましょう。

オウチーノ 居酒屋



また、出してもらった査定額で売却できるとも限りません。

家というものは、すぐに売れる時もあれば数年経っても売れないこともあります。

「この値段までなら値下げできる」という金額をあらかじめ決めておきましょう。

そしてその金額を基準をして資金計画を練っていくのをおすすめします。

売却費用、購入費用をきちんと把握しておく

売却する家のローンが残っていない場合、もしくはローンの残高を上回る金額で売却できた場合でも、安心してはいけません。

売却して得た金額を全て新しい家の購入に充てることはできないのです。

家を売却する際には媒介手数料をはじめとする色々な諸費用がかかりますし、購入する際も同じです。

また、購入希望者が値下げ交渉をしてくるケースも多いですので、慎重に資金計画を考えましょう。

イエウールで不動産売却計画

公式サイトはコチラ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です