不動産の簡単無料査定

不動産簡単 無料査定運営事務局

あなたの不動産を少しでも高額で売却する方法の一つは査定インフォメーション事務局から簡単査定を利用してみてください。不動産会社との契約までに相場を知って少しは情報を収集しておく必要があります。不動産会社は、媒介契約を行った後、一週間以内に不動産流通標準情報システムに登録する必要があります不動産査定では、そこに行くまでの相場をチェックして、最適な不動産査定インフォメーションとして利用が簡単です。不動産査定は複数の不動産会社へ査定や売却の依頼をすることが可能でどの不動産会社と媒介契約を結んでいるかを明示する必要もあります。登録や複数の査定依頼は売り主で決めることができます。

不動産売却簡単査定「イエウール」で相場をチェック




不動産査定の必要な書類など

査定に必要な書類と項目をチェックする項目
・不動産の購入時の図面
・不動産の契約書と重要等の書類
・固定資産税の納付書
・築年数

専任媒介契約

2週間に一度、売却主に状況を報告してくれます。
売却主は不動産会社を一社に絞って売却をする必要があり契約中は他の不動産会社との媒介契約はできません
契約の有効期限は3ヶ月。ご自身でで買主を見つけてくることが出来ません。

不動産会社査定インフォメーション。契約の種類

不動産会社へ売却を任せて契約をする時の方法が専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類あります
どれもが全く違う側面がありますので、きちんと、その違いを把握しておく事が必要になります。

専属専任媒介契約

媒介契約を行った後、5日以内に不動産流通標準情報システムに登録が必要なります不動産会社は、一週間に一度程度は売却主に売却状況を報告をしてくれます。
売却主は最終的に不動産会社を一社で売ることとなります、契約期間中は他社へ媒介契約はできません。
契約の有効期限は三ヶ月です。

一般媒介契約

売却主は複数の不動産会社へ売却の依頼をすることが可能
どこの不動産会社と媒介契約を結んでいるかを伝えることが必要になります

買い主のの希望などをなるべく聞き入れる姿勢が必要

ハウスクリーニングをして引渡しをしてくれるの?
現在の住宅に欠陥・瑕疵といえる箇所はあるの?
室内灯やエアコンなど家電は設置したままにしてくれるの?
売却価格は安くならないの?
些細な事でも希望や買い方が喜ぶようにするとトラブルになるなく、スムーズの気持ちの良い売却になり、売れない事態にならない為にも考えておく必要があるといえます。確認しておくことをお勧めしてます。

家電類はせいぜい10万~20万程度でしかも、中古です。それより売却の価格で十分に元がとれます。
ハウスクリーニングでも水回りに数万円程度であれば、心証は良くして売れない事態にならない事のほうが重要
所有の不動産は『この価格でないと売りたくない』という気持ちは売買の時では売れなくなることが多いのです。
もちろん出来るだけ高く売る、気持ちはわかりますが出来るだけ買う人の気持ちを汲んであげる方が良い売却となることが多いです。
イエウールが怖い事はありませんの安心して?利用してみてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です