家を売った時にかかる税金

家を売った時にかかる税金

家を買った時よりも売った時の値段の方が高い

家の売却で、購入した時より高く売れた場合には『譲渡所得』が住民税と所得税に課税されます。
現在では家を購入した時よりも高く売れるケースはめずらしいとは思いますが、後になって想定外の出費とならないように一読してみてください。

□特別控除3000万円を受ける
家を売ったときに売れた値段が、買った時の金額よりも高かった場合、譲渡所得ということで、譲渡所得税、住民税が発生します。それらを軽減する控除制度などがあります。

譲渡所得から最大で3000万円の控除が可能です。
売却した価格のすべてに課税されるわけではなく、一定の経費を差し引いて利益がでる場合に課税されるので、個人の建物、土地、の譲渡の所得は、給与所得や事業所得など他の所得とは別に、課税されるのです。

□適用条件は
1.自分が住んでいた家を売却する場合。住んでいなかった場合では住んでいない日の年から数えて3年目の年末までに売却すれば適用になる。
2.前年、前々年に同様の特例を受けていない場合
3.売った人と買った人の関係が親子や夫婦となどの特別な関係ではない場合
4.売った家が住居用で、仮住まいとか別荘ではない場合

手続き方法
譲渡所得の内訳書(確定申告書付表兼計算明細書)《土地・建物用》
マイホームをの売却をした日から2か月経過した後に交付を受けた除票住民票の写し又は住民票の写しを提出する必要があります。

長期譲渡所得での減税
長く住んでいる家を売る場合に適用できる方法。

□適用条件

1.日本国内で住んでいる家、家と敷地を売る場合。住んでいなかった場合は住まなくなった日から3年目の年末までに売る。
2.売却した年の1月1日にその家か敷地の所有期間が10年を越えている場合。
3.前年、前々年にこの特例や同様の特例を受けていない場合。
4.売り手と買い手が親子など、親族や夫婦の特別な関係ではない場合。

手続き方法

譲渡所得の内訳書(確定申告書付表兼計算明細書)《土地・建物用》
売った居住用家屋やその敷地の登記事項証明書
マイホームの売却日から2か月経過した後に交付を受けた除票住民票の写し又は住民票の写し。
この、除票住民票の写し又は住民票の写しは、売却した住宅の所在地を管轄する市区町村から交付が受けられます。



コチラの不動産査定もおすすめ!

家を買った時よりも売った時の値段の方が高い

その他にも物件所在地の市区町村で助成金などの問い合わせも兼ねて、一度相談してみてはいかがでしょうか。
不動産売却の情報まとめ先:家売る声/空き家 売却声/口コミ上手な活用
売却地域:空き家 売却特例/熊本/家 売却 岩泉・釜石・陸前高田 岩手県/空き家 売却 札幌市/釧路/税金/家売るオンナ
○空き家問題(準備中)
○不動産売却時の税金
○解決策に動き出す地区町村などの地方自治体
(声)素早い売却査定で、すこしでも余計な心配ごとの軽減のお役に立てれば幸いです。


【PR】
注文住宅・家を購入の方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です