特殊な家の売却

ほとんどの売主は、売却に関する知識や経験が無い、又は少ないままいきなり売却を行う事があります。不動産仲介会社のプロにアドバイスや意見を聞きます。しかし、知識や経験が足りないと何が正しく、何が正しくないのか正しく判断することができません。
専門家のアドバイスは一般の方にとってはわかりにくいことがあります。

特殊な家の売却ケース

不動産売却のプロが丁寧に教えてくれる場合もありますが売主は売却知識を理解しようする事より、売ることに気が向いてしまいます。売却時に知識や経験がほとんどなく、売却の仕組みや問題点を理解しないまま売却を進めることになりがちです。

防音室がある住宅を売る

ピアノ・ギター・ドラムなど、楽器を使う為、家の一室を防音室にリフォームした。
シアタールームにして映画やスポーツを大音量で見たい為、家の一室を防音室にリフォームした。
防音質にお金を掛けたから、不動産価値があるのでは?と思う方がおられますが
防音室のある住宅を探す人は特殊な人と言えます。不動産会社の査定としては防音質のリフォーム代金を加味したところで、すぐに買い手が見つかるとかぎりません。
音楽の好きな人やピアノを習っている人などにとっては価値のある戸建ですがその物件を
どの地域で欲しいと思う人がいるかと言うことになります。
しかし防音室が含まれている物件というのはなかなかないので、価値観が合う方にはりフォームにかけた代金を多少加味した売却価格で売れる。位に思っておいた方が良いでしょう。
他にはあまりない特殊な家・土地の場合、不動産会社は売りにくいと判断して相場よりも
安めの査定するケースもありますので、1社の査定よりも2~3社の査定を受けるべきと言えます。
1社の査定見積りでは、安く買いたたかれてしまう可能性があるからです。

家の売却「イエウール」で相場がわかる





不動産会社で売却するメリット・デメリットとは?
【仲介のメリット】
 ○売却価格が買取より高い        

【仲介のデメリット】
 ○買主を探すのに時間がかかる。買い手が見つからないことも
 ○不動産会社に仲介手数料を支払う

【買取のメリット】
 ○買主を探すことなく、早く売却できる
 ○仲介手数料がかからない
 ○仲介で成約が難しい特殊な土地や建物でも売却できる可能性が高い
 ○買い手を探す広告する必要がない。近所など知られず売却できる
 ○売却後に瑕疵担保責任がない
 ○資金計画を早く確定できる

 【買取のデメリット】
 ○売却価格が仲介より安くなる

「仲介」と「買取」どちらにしたらいいの?

買取の場合は、状態のまま家を不動産業者が買取りますのでほとんどの場合、売主が負う「瑕疵保証責任」が免除されます。
契約後に家の不具合が合った場合でも、売主は責任を負う必要がありません。売却する物件の状況や売主の目的に応じてどちらかを選ぶ事になります。
家を売る際に気をつけなければいけないのが、「瑕疵(かし)」です。
瑕疵とはあまり聞き慣れない言葉ですが、傷や欠点の事で、傷だけではなく、家の傾きや雨漏り、設備の不具合なども含まれます。売り手は家の瑕疵を買主に伝える必要があります。
後にトラブルになってしまう可能性がありますので、あらかじめ伝えておく必要があります。

離婚で家売却を近所に知られず行う

空き家の売却状況:家をこっそり売却したい/家をうりたい/空き家 将来住む
売却地域:空き家 売却 三重/空き家 売却 札幌市/空き家 売却特例/空き家 売却 埼玉県/空き家 売却 札幌市/近隣トラブル/家売るオンナ
○離婚で家売却
○空き家の問題は全国規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です