家を売る 仲介手数料はいくらかかる?

家を売る 仲介手数料の計算方法

家を売る時に必ずと言っていいほど掛かってしまう費用として、仲介をしてもらった不動産屋へ支払う仲介手数料があります。仲介手数料は家の売却価格によって変わってきてしまうので、少しややこしいイメージがあるかもしれません。

簡単に手数料の計算方法を見てみましょう。

仲介手数料の計算方法

売却金額 計算式
200万円以下の場合 売却金額×5%+消費税
200万円~400万円以下の場合 売却金額×4%+2万円+消費税
400万円以上の場合 売却金額×3%+6万円+消費税

こうして見てみると少しややこしくみえるかも知れませんが、家を売る際の金額としてはほとんどの物件が400万円以上ではないでしょうか?

ですので基本的には、売却金額×3%+6万円で考えてもらって支障は無いかと思います。

ちなみに「+6万円」は何かというと…
・売却金額が200万円以下の場合は×5%なので、400万円以上の場合との差は4万円です。
・次に、売却金額が200~400万円の場合は×4%なので、400万円以上の場合との差額は2万円です。
この差額を合計したものが6万円となります。
売却金額全体に×3%したあとに、売値の400万円以下にかかる分の6万円を足すという計算方法となるのです。

6000万円の家を売った場合の仲介手数料

例えば、6000万円で家を売る場合を仲介手数料は、
(6000万円×3%)+6万円+8%の消費税=200万8800円になります。
この手数料計算式をひとつ覚えておくだけでおおよその仲介手数料は計算出来るかと思います。

家を売る際は様々な費用・手続きが必要になります。
また、自分の家の売却相場がいくらが妥当かも見極めて価格の設定をする必要がありますので、不動産屋への相談と価格の相場を知るためにも、一度家の査定をオススメいたします。利用は無料ですので、お気軽に!




コチラの不動産査定もおすすめ!



【PR】
注文住宅・家を購入の方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です