空き家売却の前に物件の価値を知るには?

住んでいない空き家を売却の声

不動産の価値は時間と共に着実に減っていってしまいます。
早い段階で下記のような査定サイトで自分の物件の価値を見極めてみてはいかがでしょう。もちろん利用は無料で必ずしも売却する必要は無いので、物件の価値を見極めるには有効な手段となります。
少しでも高く安心して査定する声がよせられたイエウールです。

空き家売却も「イエカレ」で高く売る

無料査定スタート
家やマンションなど不動産は一生懸命ローンを払うとあって、非常に気持ちのある方が殆ど。
しかし売却しなければならなくなった時、出来ればそれを高く売りたい、と思うのが普通ですね。
家やマンションは出来るだけ早く売っておいた方がいいでしょう。
それは新築で購入した、中古購入した、のどちらにもかかわらずです。

若いうちに家を売却しておきたい声

それは少子高齢化に至る、日本の家屋は、今後、土地の相場がどんどんと上がっていく?ということは、一部の地域を除いて、まず、考えられないのです。特にオリンピック開催までの相場の上昇はあったとしても。開催後の不動産価値は確実に下がり続けると想定されています。利便性が非常に良い東京・大阪の近郊などは別ですが、そうでない場合は下がり続けると考えられます。
売却を検討された方々の声では、しっかりと考えておく必要があります。今の家に一生住むのか?と言うことです。『親の介護が必要だから田舎の実家に引っ越す可能性がある』『戸建てを売ってしまって小さめのマンションに引っ越す』など、将来性を想定するのであれば、早めに行動しておく必要があります。それは時間が経つ毎に、修繕等必要になってきますし、不動産価値が下がってしまうからです。

将来のことを見たのであれば一度、その不動産を査定をしてもらっておく事をお勧めします。マンションや家、空き家の不動産が今いくらなのか、ということをある程度把握しておけば、実際、売却をするタイミングで様々な選択肢が出てくるからです。


【PR】
注文住宅・家を購入の方はこちら

空き家 売却 声

空き家売却の参考情報サイト:家の売却高く、声/家の売却 依頼/空き家 売却 声/口コミ上手な活用
譲渡所得の特別控除の特例(空き家)

平成28年度(2016年度)税制改正大綱の声

空き家を相続して売却する場合の所得税の軽減措置が新しく創設された。
それは「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」と言います
従来の「譲渡所得の3,000万円の特別控除」は、所有者自身が生活の拠点として利用していた家屋の売却が前提でしたが2016年4月から、空き家を相続し売却した場合でも、3,000万円の特別控除の特例が適用されました。
しかしこの特例は、いくつかの条件をクリアする必要があります。
①相続した旧耐震基準の家屋を、耐震改修して売却する
②解体し更地にして売却する
これらの条件で、譲渡所得の3,000万円の特別控除の特例が適用されます。

それは国が定める危険性のある空き家を減らすことに貢献すれば、減税します。と言うものと思われます。
特別控除の特例が対象となる、『旧耐震基準の家屋』は
1981年(昭和56年)5月31日以前に建てられた家屋事です
およそ築35年以上の古い家ということになりますから、立地が良いとか、古民家等、再利用の家屋や、特別の価値のある建物でなければ、耐震リフォームに費用をかけても売却される保証はないのです。それはコストをかけて耐震リフォームしてから売却するのは稀だからです。
殆どは家屋を解体し更地にしてからで売るケースが多いのではないのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です